神様に上手にお祈りする方法

かつてやっていたお祈りの方法

希望する大学に受かりたい時、
仕事で成果を出したい時、
恋愛でいい人に巡り会いたい時、
などなど・・・

私たちは、何か願い事を叶えたくなると、
神様にお願いしたくなります。

そのため、神社に行って、

「あの大学に絶対受かりますように!」とか
「いつもの月より5件多く成約が取れますように!」とか
「高収入でイケメンの優しい男性に出会えますように!」
などとお祈りするわけです。

私もかつてはそうやっていました。

いや、むしろ
神様へのお祈りは、
そうやるものだと思っていました。

しかし、ある時から、

「これってなんかおかしいな・・・」

と違和感を覚えるようになりました。

よくよく考えてみると、
これらのお願い事は、
自分のことしか考えていません。

自分にプラスになるようなことしか
お祈りしていません。

そこにとても違和感を覚えるように
なりました。

こんな我欲の塊みたいな自分は
嫌だと思いました。

新しいお祈りの方法

そこで、
神様のことや、神様と自分との関係について
ゆっくり考えてみることにしました。

そうしたら、
こんなことが分かってきました。

神様に対する感謝

まず一つ目は、
神様に対する感謝です。

私は、
これまでの人生でどうしようもなくピンチだった時に、

「もしかして神様が助けてくれたのでは??」
と思えるような奇跡を何度か経験しました。

自分にとって嬉しい出来事が、
こんなにタイミングよく起こるなんて、
神様に守られているとしか思えない。

そんな経験を何度かしました。

そのため、その度に、
私は神様に対する感謝の気持ちが
自然と湧いてきました。

また、「神様に対する感謝」は、
自分の身の回りを見れば
至る所から見つかることにも気づきました。

雨風をしのげる家があること。
生きていくための食べ物があること。
生活していくための服があること。

などなど・・・

これらの恵みは、
私たちが快適に過ごすために、
神様が与えてくれたもののように感じます。

そう考えると、
神様に対する感謝の気持ちが、
また自然と湧いてきました。

このようにして感じた「感謝の気持ち」を、
私は神社で神様に伝えるようにしました。

具体的には、合掌しながら、

「神様、
いつもたくさんの恵みを与えて下さり、
ありがとうございます。
感謝しています。」

とお祈りしています。

このお祈りをしていると、
とても心が落ち着いてくるのが分かります。

お願い事をするときの
ザワザワした気持ちとは正反対の、
とても清々しい気持ちなので、
気分が良くなります。

神様の幸せを願う

感謝の気持ちをお伝えした後は、
いつもたくさんの恵みを与えてくださる神様にも
幸せになってもらいたいと思い、

「神様にもたくさんの幸せが舞い降りますように」

とお祈りしています。

そうすると、
自然と穏やかな気持ちになるのが分かります。

基本的なお祈りのやり方

つまり、まとめると、

まずは神様に対する感謝の気持ちを伝え、
次に神様の幸せを願う、
というのが私のやり方です。

このやり方だと、とても気分が良くなるので、
いいことが起こるような予感がして、
実際にいいことがたくさん舞い込んでくるようになります。

プラスして行うお祈り

これだけでも十分効果的ですが、
お祈りを追加するとしたら、
「コミットメント」はとてもいいことだと思います。

例えば、
「医学部に受かりますように」
と願うのではなく、

「医学部に受かって医者になり、
多くの人々の命を救います」

と宣言するのです。

世の中に貢献したい気持ちを
本気で宣言していれば、
きっと神様だって応援したくなるはずです。

宣言した人も、
神様に守られているような気がして、
よりパワーがみなぎってくると思います。

そうすれば、
自ずと願い事が叶う確率が高くなる
と思います。

まとめ

神様にお祈りするときは、

神様に対する感謝の気持ちを伝え、
神様の幸せを願う、

ことを基本としてみてください。

そして、追加してお伝えすることがあるときは、
「世の中に対する貢献を宣言する」
ということを加えてみてください。

そうすれば、気分が良くなり、
いいことがたくさん起こるようになる
と思います。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
感謝です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です