選択肢がたくさんありすぎて迷った時は?

選択肢があるのはいいことですが、

あまりにも多いと、
どうやって選べばいいか分からなくなり、
悩んでしまうことも少なくありません。

今回は、そんな時に役立つ方法を
お伝えします。

楽に選べるようになる方法

直感を使う

大学生の頃、
ある大企業の社長さんの講演会に
出席した時のことです。

学生の一人がこんな質問をしました。

「社長は毎日様々な経営判断を下すと思いますが、
たくさんある選択肢の中から
どうやって一番良いものを選ぶのでしょうか」

社長はこう答えました。

「直感です」

私は驚きました。

誰もが知っているあの大企業の社長さんが、
直感で選ぶなんて信じられない、
と思いました。

私は、理系出身の人間なので、
実験をして、データをまとめて、
考察した内容をレポートにまとめて・・・

ということをずっとやってきました。

そのため、データという
きちんと理論立てて説明できるもの
で決めるのは分かりましたが、

「直感」
という訳の分からないもので決めるなんて、
到底信じられなかったのです。

もちろん、
様々なデータも参考にするようですが、
最終的には「直感」を大切にするそうです。

でも、いろんな方のお話を伺ったところ、
直感を大切にする社長さんは
意外と多かったです。

例えば、
こんな話も聞きました。

取締役は全員
「A」の方が良いと思っているのに、

社長の直感で
「B」を選択したところ、
それが当たって成功した・・・

なんてことも。

データをもれなく集めて、
そこから判断することも
大事ですが、

直感を使うことで、
宇宙という、人間の頭脳をはるかに超えた存在が
一番良い答えを教えてくれるのかもしれません。

占いを使う

ちなみに、これも意外でしたが、
占いを経営判断の材料にする方も
多いものです。

今は、ガンガン挑戦した方がいいのか、
それとも、守りの姿勢の方がいいのか。
新商品の発売日はいつがいいのか。

などなど・・・

占い師が言っていることだけで
判断するのもどうかと思いますが、
判断材料の一つにするのは、
意外と良いようです。

直感を鍛えるには?


直感を使うのが良いことは分かっても、
将来を左右するような重大な決断の時に、
いきなり直感を使うのは難しいですよね。

そんな時は、
まずは小さいことからはじめてみることを
オススメします。

例えば、

今日のランチを選ぶ時など。

この程度なら、
もし外れたとしても、
大きな痛手を負うこともありません。

なので、試しに、
直感を信じ切ってみるのです。

そうすると、
ずっと解決に悩まされていた問題の答えが
見つかるかもしれないですし、

行ったお店で、
素敵な出会いがあるかもしれません。

そうやって、
楽しみながら直感を使って、

「直感を使うといいことが起こる」
ということを体に覚えこませることが
大切です。

どの道を選んでも、きっと「幸せ」になる


ある年長者の言葉だったと思いますが、

「選択肢がいっぱいあって悩むかもしれないけれど、
どの道を進んだとしても、
最終的には幸せにつながるんだよ」

とのこと。

これもそうなのかもしれません。

iPhoneなどで有名なアップル社の創業者、
スティーブ・ジョブズ氏にも
似たようなことがありました。

彼は、
大学に通いはじめたものの、
興味がある授業がなく中退してしまいました。

しかし、その後も大学に残り続けたところ、

「カリグラフィー(文字の書体)」
の授業に興味を持ちはじめ、

そこにもぐりこんで
授業を受けはじめたそうです。

当時は、
これが将来の役に立つなんて
夢にも思いませんでしたが、

アップル社を創業してコンピューターを作る際に、
大いに役立ちました。

アップル社のコンピュータは、
美しいフォントで有名ですが、
そこに生かされたのです。

間違った選択をしたら、
人生が台無しになる!!

と思っていたら、
選択するのが怖くなりますが、

逆に、
どの道を選んでも幸せになると分かっていたら、
もっと気軽に選べるようになりませんか?

実際、私もこれまでいろんな経験をしてきましたが、
どんな経験も人生で生かしてこれたので、
そもそも、間違った選択なんてないのかもしれません。

まとめ

どの仕事を選んだら、将来のためになるのか。

車の購入という大きな買い物を
今していいのか。

そんな大きな決断の機会が来る前に、
日頃から直感を鍛えておくことは
とても大切です。

そして、直感を使うときは、
気楽な気持ちで楽しんでやると、
とても効果的だと感じます。

直感を使ってスイスイ決めていくと、
人生があっという間に変化して、
とてもエキサイティングになります。

そんなワクワク、ドキドキした人生を送るためにも
今から直感を鍛えてみることをオススメします。

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

感謝!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です