【映画】最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方

これまでに何回か見ましたが、
いつも感動する素晴らしい映画です!

非常にオススメです!

あらすじ

実業家で大富豪のエドワードと、自動車修理工のカーター。
まったく接点のない二人がガン病棟で出会うことになる。

余命6ヶ月と宣告された二人。

彼らが作ったのは棺おけリストだった。

死ぬまでにやりたいことを
箇条書きにしたものだ。

・スーパーカー「マスタング」を運転する
・スカイダイビングをする
・ヒマラヤ山脈の荘厳な景色を見る

などなど・・・

そこに書いたことを
全てやりきるために、
二人は旅に出ることにした。

生きる上で大切なこと

生きる上で大切なこと。

この映画を見て感じたのは、
次の二つでした。

一つ目は、人生を思いっきり楽しむこと。

私も、あと1ヶ月しか生きられないとしたら、
思う存分楽しむと思います。

でもそれって、
余命1ヶ月だからではなくて、
常日頃から意識しておきたいこと。

その方が、
一瞬一瞬を濃いものにできるのでは?

と感じました。

健康に生きていたって、
いつかは死を迎えます。

「死」を頭の片隅に置きながら、
思う存分楽しむことは、
幸せに生きる秘訣なのかもしれません。

生きる上で大切なことの二つ目は、
身近な人との関係を大切にすること。

家族との人間関係が最悪だった
エドワードでさえ、
最後は自分から挨拶に行きました。

この場面は、
とても感動し、心がほっこりしました。

やりたいことをやるだけでは、
やはり物足りないのかもしれません。

それもやりつつ、
人との絆を大切にすることが、
より幸せになる秘訣なのかもしれません。

まとめ

自分の人生を大切にして、
幸せに生きるにはどうしたら良いのか?

自分の普段の生活と照らし合わせると、
色んなことが感じられると思います。

この映画はこれまでに何度も見ましたが、
何回見ても感動する素晴らしい映画です。

余命何ヶ月という暗いテーマを
非常に明るいタッチで描いているのも
とても良いですね。

自分の人生を
より良くしていきたい!

そんな思いを持っているならば、
是非とも見ることをオススメします。

素敵な映画に出会えたことに感謝!
ありがとう、ありがとう、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です