【映画】最高の人生のつくり方

最高の人生のつくり方

頑固で自己中心的なオーレン・リトル。
彼のもとに、これまで疎遠だった息子から、
孫娘を数ヶ月預かって欲しいと頼まれる。

子育てをするなんて
真っ平御免のオーレンだったが、

息子にも事情があり、
半ば強制的に受け入れることになる。

そんな状況を見かねた隣人のリアは、
急遽子育てを助けることになり、

オーレンとリアと孫娘の
3人の生活が始まった。

心を開いて優しくする

頑固者で心を開くのが苦手。

これって、
男性にはありがちかもしれません。

実は私にもこの傾向があります。

よく「頑固だ」と言われますし、
心を開くのもあまり得意ではありません。

でも、これを続けていても
良いことはありませんよね。

夫婦関係であれば、
確実に冷めていくと思います。

私にも経験がありますが、
どうもうまくいっていない時って、
だいたい頑固になっていて
心を開いていない時です。

でもこの映画と同じように、
心を開いて優しく接するうちに、
夫婦関係はみるみるうちに
良くなっていきました。

それと合わせて、

私自身も
幸せで満たされた気持ちになりました。

やはり、
「心を開いて優しく接する」
というちょっとした心がけが大事なんだと
感じました。

まとめ

見終わると、とても温かい気持ちになれる
素敵な映画です。

自分ごととして見ていると、
色々な気づきがあります。

幸せな生き方とは?
豊かな生活とは?

それを教えてくれる映画です。

素敵な映画に出会えたことに感謝!
ありがとう、ありがとう、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です