「よく噛む」ことの効果がすごい‼︎11個のメリット

よく噛んで食べることのメリットが凄すぎる

よく噛んで食べることのメリットが凄すぎるので、
今回記事としてまとめました。

実は最近、体調が悪い日々が続いていました。

のどや鼻がおかしい状態が続き、
胃はムカムカして気持ち悪く、
元気が出ない日が続いていました。

体調を回復させるために、
布団でゆっくり休んだり、
お風呂にゆっくり浸かったりしましたが、
あまり効果はなく・・・。

そこでふと思いついたのが、
「よく噛む」
ということでした。

私はどちらかというと胃腸は弱い方ですが、
最近の急激な気温の変化で、
さらに弱っているような気がしました。

そこで、胃腸をいたわるためにも、
「よく噛んで」食べてみようと思ったわけです。

そうしたらなんと!
みるみる元気になっていくではありませんか!

胃のムカムカが消えたのは当然ですが、
からだ中にエネルギーがみなぎってきました。

なんでだろう??

と不思議に思ったので、色々調べてみると、
「よく噛む」ことのメリットが
ボロボロと見つかり、びっくり!

そこで今回、記事にまとめてみました。

何回噛めばいいの?

調べてみると、
一口で30回噛むのが目安のようですね。

なので、まずは30回を目標に噛んでみることを
オススメします。

ただ、私は体調が良くなかったので、
100回以上噛んでみました。

100回となるとだいぶ時間がかかりますが、
食べたものは固形物がなくなるほど砕けて、
胃の負担がかなり減ったように感じました。

そのため、胃の不快感が消えました。

また、後述しますが、
噛めば噛むほど唾液の分泌が多くなるなどして、
免疫力がアップします。

そのため、体調が悪い日々に嫌気がさし、
一刻も早く元気になりたい場合は、
100回くらい噛むことをオススメします。

胃の負担が減るだけでなく、
ほんと元気になります!

「よく噛む」ことの11個のメリット

それでは、
よく噛むことのメリットを
一つずつ紹介して行きます。

胃腸の働きを助ける

たくさん噛むと、食べ物がより砕かれるので、
消化しやすくなります。

また、唾液に含まれる消化酵素(アミラーゼ)
によって、でんぷんが麦芽糖に分解されるため、
胃腸の負担を減らせます。

免疫力アップ

唾液にはウィルスなどを殺菌する作用があります。
そのため、体内に悪いウィルスが
入りにくくなる効果があります。

殺菌作用の点で言えば、
動物が傷口を舐めるのも、
唾液に殺菌作用があるためだと言われています。

また、前述した通り、
唾液の消化酵素によって胃腸の負担を減らせるため、
これまで消化に使っていたエネルギーを
免疫に使えることになります。

これらのことにより、免疫力がアップし、
体が元気になります。

ガンの予防

唾液に含まれるペルオキシダーセという酵素により、
食品の発ガン性を抑えることができます。
そのため、ガンの予防につながります。

アンチエイジング

唾液には、若返りホルモン「パロチン」
が含まれています。

この「パロチン」は、
皮膚や髪の新陳代謝を活発にする作用があるため、
肌や髪が美しくて若々しくなります。

また、歯の再石灰化も促せるため、
歯の健康にも役立ちます。

脳の活性化

よく噛むことにより、
脳に流れる血液の量が増えます。

そのため、
物忘れなどの脳の老化を防いでくれます。

ダイエット効果

よく噛み、時間をかけて食べると、
脳の満腹中枢が刺激されるので、
食べる量が少なくても満足感を得られます。

そのため、ダイエット効果があります。

虫歯予防・歯周病予防

唾液の殺菌作用により、
虫歯菌・歯周病菌が殺菌されます。

また、唾液によって
食べ物のカスや歯垢が洗い流されるので、
口の中を清潔に保つことができます。

口臭の予防

唾液によって、口臭のもととなる細菌を殺菌し、
清潔に保ちます。

また、口の中が潤うことで、
口臭の原因となるドライマウスを防ぎます。

ストレスが減り、平常心が得られる

「よく噛む」というリズミカル運動により、
幸せホルモンの「セロトニン」が
分泌されます。

このセロトニンには、心が落ち着く作用があるので、
イライラした時や焦っている時などには最適です。

大リーグ選手が試合中にガムを噛んでいるのも、
心を落ち着かせてパフォーマンスを上げるためと
言われています。

目の健康促進

前述した通り、
よく噛んで食べることで、
食べ物がきちんと消化されるため、
栄養素が血液に吸収されやすくなります。

また、よく噛むことで、脳の血流が増え、
目の周りの血液循環もよくなります

これらにより、
栄養豊富な血液が目に届きやすくなり、
目が健康になると言われています。

この他にも、若返りホルモン「パロチン」には
目の粘膜が強化する働きがあるため、
これも目の健康に役立っています。

育毛効果

前述の「目の健康」でも書きましたが、
よく噛むことで栄養素がちゃんと吸収されます。

それと同時に、頭部の血行が促進されることにより、
栄養素が頭に行き渡ります。

これが頭皮や髪に良い影響を与えます。
また、唾液に含まれる若返りホルモン「パロチン」には
肌の修復作用があるので、頭皮の状態もよくなります。

まとめ

ここまでざっと書いてきましたが、
これってすごくないですか!?

「よく噛む」
というたったそれだけのことで、
体全体が健康になることが分かります。

いつまでも元気に若々しくいるためにも、
「よく噛む」という習慣は
是非とも取り入れたいですね!

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です